人の役に立つマッサージ師の資格|現代人の疲れを取り除ける

男女

福祉業界で人気の仕事

女の人

ソーシャルワーカーは、福祉関係の仕事で人気があります。ソーシャルワーカーとは社会福祉士のことで、生活支援の必要な方の相談にのったり、他の福祉機関と連携してサポートするのが主な業務です。ソーシャルワーカーは国家資格で大学や専門学校で福祉系の科目を修了することが受験条件です。

もっと読む

指定校で学ぶ必要がある

ウーマン

診療放射線技師の試験資格を取得できる大学は数が限られていますが、きちんと卒業をすると試験資格が得られるのです。年に1度の試験となるため、受験する際には試験会場となる場所を事前にチェックしておくことが大切です。

もっと読む

痛みを緩和させるスキル

男の人

双方に役立つ

医療・介護業界で負担をグッと減らせる技術として、強弱の圧のかけ方がポイントとなるマッサージも注目されています。現場において、腰痛などの痛みは深刻な問題で、痛めた体というのは使い方が根本的に変えられないことが要因です。筋力に頼ることが難しくなるのが、高齢者です。効率的な体の使い方を指導できる立場の資格を習得する工夫次第で、体格差、麻痺の程度、ベッドや車椅子の高さなど、様々な状況にも対応可能です。例えば、介護福祉士や理学療法士は、身体障害や高齢者のアクティブな動きをサポートしています。マッサージも施せる立場で、寝る・座る・立ち姿勢などによってアプローチ法も異なります。局所的に力をかけないなど、受ける側とする側、どちらの負担も減らせるのも資格取得の魅力です。

技術者から指導を受ける

医療業界では、癌による痛みを和らげる目的でマッサージが施されています。術後の後遺症としてリンパ浮腫が挙げられますが、治療で弱っている体にムチ打つことは難しく、リンパの流れを改善させる目的でマッサージが提供されています。リンパトレナージュは美容目的の資格として周知されてきたものの、診療に必要な専門知識・技術としてリンパ浮腫療法士なる資格も展開されているほど、需要が高まっています。もちろん、自宅療養などでもマッサージの資格は活用でき、首・肩から背中、指先・足裏まで、揉む技でほぐせる魅力があります。床擦れなどによる痛みを和らげたり、手足の利きを改善させるのもマッサージならではの特徴です。揉み・叩き・摩りなどの技術を習得しますが、柔道整復師やリンパドレナージストなどの技術者から指導を受けることも可能です。

就職には不自由しません

整体

リハビリのエキスパートといえば、理学療法士です。理学療法士は国家試験に合格することで資格取得することができます。また、指定された養成学校でないと資格を得ることができません。まずは、学校選びからはじめましょう。

もっと読む