福祉業界で人気の仕事|人の役に立つマッサージ師の資格|現代人の疲れを取り除ける

人の役に立つマッサージ師の資格|現代人の疲れを取り除ける

白衣の人

福祉業界で人気の仕事

女の人

福祉の仕事をするには

高齢化社会に伴い今後福祉に携わる仕事を希望する人が増えています。福祉の仕事は様々ですが、中でもソーシャルワーカーが人気です。ソーシャルワーカーとは日本語に訳すと社会福祉士のことで、国家資格でもあります。但し資格がなくてもソーシャルワーカーと同じ仕事はできるのですが、外部にソーシャルワーカーと名乗ることは法律で禁じられており、殆どの人は資格取得を目指します。資格試験を受けるには条件が必要で、福祉系の大学や専門学校で指定科目を修了しなければいけません。その後厚生労働省認定機関の国家試験を受けて合格すればソーシャルワーカーに晴れてなれます。短期取得するには、専門学校で実践的な勉強を受けたり通信講座を受講するのが良いでしょう。

業務の内容

ソーシャルワーカーの業務というと、一般的イメージは窓口相談業務ですが、他にも色々あります。例えば母子家庭や生活保護受給者、独居老人などの日常生活の支援が必要な方のために相談業務を行ったり、助言もします。また保険機関や介護機関の仲介や調整も行い、福祉全体のマネジメント業務が主要業務です。介護福祉士とは違い、現場業務よりも色々な福祉機関と連携して福祉が必要な人をサポートするのがソーシャルワーカーの特徴です。ソーシャルワーカーの気になる収入ですが平均して月20万円程度です。さらに経験を積んで管理職に昇格すれば更に昇給します。資格の有無でも給料に差がでますので、資格は取得しておきたいところです。収入以上に福祉の最前線で働けるやり甲斐のある仕事なのも大きな特徴です。